薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛治療薬は本当に改善効果がある?

薄毛治療薬は本当に改善効果がある?

白い薬

薄毛になっても、遺伝的な要因が強いからと最初から諦めてしまう人も大勢います。
確かに体質的に薄毛になりやすい人はいますが、多くは後天的な要因によって薄毛になっていますので、その後天的な要因を取り除くことができれば改善されるケースも多々あります。
ただし、改善するためのケアを始めるのが遅れると、進行が進んでしまって元の状態にまで戻すのは難しくなります。
また、時間もかかってしまいますので、早めのケアが肝心です。

自分で育毛剤や育毛シャンプーを使ってケアを行うという方法もありますが、本格的に対策を行うならやはりクリニックに通って診察を受けた上で処方をしてもらうのがお勧めです。
治療法にも色々な種類があり、治療薬としては血行促進作用を持つミノキシジルと発毛効果が見られるフィナステリドを併用することが多いようです。
このフィナステリドは女性の場合は胎児に影響を与える恐れがあることから服用することができず、男性だけが服用できる薬となっています。

中には女性の薄毛を改善するために作られた治療薬もあります。
この治療薬はパントガールというものですが、主成分にはアミノ酸やタンパク質などの髪の毛の成長を高めてくれるものが使用されています。
最近では女性でも薄毛に悩む人が増えていますので、少しずつ知名度も上がってきているようです。

他にも毛髪再生医療を用いた治療は高い効果が得られる可能性があります。
この治療では、まず最初に毛球部毛根鞘細胞を採取してそれを培養、加工した後に脱毛部に移植します。
自分の細胞を使いますので拒絶反応がありませんし、生きている細胞があれば行える方法ですので近い将来主流になるかもしれません。

現在の主流となっているミノキシジルとフィナステリドを比較すると、髪の毛を発毛させる働きに関してはミノキシジルの方が優れているといわれています。
ミノキシジルには毛細血管を拡張させる働きがあり、髪の毛に栄養がスムーズに行き渡るようになります。
その結果、休止期に陥っている髪の毛を再び活性化させることができますので、発毛させたい時にはミノキシジルを上手く活用する必要があります。

実際に治療を受けると、ミノキシジルとフィナステリドは強く進められる治療法です。
もちろんフィナステリドにも優れた点があり、両方を使うことで更に効果は高まります。
使い始めてからまだ効果が感じられないという人でも、3年ほど待てば効果を実感できます。

薄毛の治療薬は3年使えば効果がでる?

フィナステリドは薄毛の進行を止めるという目的で利用されることが多いのですが、服用するだけで本当に止めることができるのかと不安になる人も多いようです。
臨床試験の結果では、3年が経過する頃には約8割の人が改善されたと実感できていますので、少なくとも3年間は根気良く使い続ける必要があります。
1年目でも6割近く、2年目でも約7割の人が改善されて髪の毛が増えたと感じていますが、それが3年になると約8割の人が実感できるようになります。

1年目の結果を見てみると、変わっていないという人が4割ほどいて2年目には3割ほどいます。
3年目になると2割になるのですが、この減った分は全て髪の毛が増えて改善されたという方に移行しています。
現状維持ができていると感じている人でも、時間をかければ髪の毛が増えたと感じられるということですので、ある程度の時間をかけて対策を行う必要があります。

AGA治療薬は長期的に使用することが殆どですから、その費用は極力抑えたいものです。そこで便利なのがジェネリック医薬品でしょう。
AGA治療薬の1つにプロスカーがありますが、そのジェネリック医薬品であるフィンカーを通販で買うという選択肢もあります。ジェネリック医薬品を使用することで費用を抑え、継続使用を楽にするという方法もあるので興味のある方は乗り換えてみてはいかがでしょうか?

薄毛の治療薬には様々なものがありますが、やはりミノキシジルとフィナステリドが効果的な選択であることに間違いはありません。
それぞれ持つ役割が異なりますので併用することが大切であり、進行を食い止める目的で使うフィナステリドも3年かければ改善されるということを覚えておくと便利です。

サイト内検索
人気記事一覧