薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛治療薬にも副作用はある?

薄毛治療薬にも副作用はある?

薄毛で悩んでいる方は今とても多いと言われています。
対策として、育毛剤から始める方も多いのですが、その副作用なども含めてどれを使っていくかを考えていくことも大事です。
ちなみに、男性型脱毛症は、専門クリニックなどで血液検査をすればすぐにわかり、内服薬を処方してもらうこともできます。

代表的な内服薬として、プロペシアがあります。
このプロペシアは男性型脱毛症の方のほとんどに効果があると言われています。
副作用として、男性機能の低下ということが挙げられていて、EDになってしまうということもまれではありますがありますので、子供を作りたいと考えているのであれば、この治療薬は使用について考えていかなければなりません。

男性型脱毛症で利用されているプロペシアには、フィナステリドという成分が含まれていますが、これはドラッグストアなどで購入することができない治療薬の成分です。
非常に強い治療薬ですので、医師の処方箋が必要となります。
副作用が大きいということもありますが、その分男性型脱毛症の場合には、フィナステリドを配合しているプロペシアの効果というのは大変大きいこともあり、注目されています。
半年~1年ほど使うことで、薄毛を改善することができる薬です。

ちなみに、フィナステリドと同様に薄毛対策として使われている成分に、ミノキシジルという成分があります。
成分表示などでよく見かけるという方も多いかも知れませんが、ミノキシジルは代表的な育毛剤でもあるロゲインやリアップの成分です。
ロゲインとリアップに配合されているミノキシジルはほとんど同量と言われていますが、ロゲインの方がリーズナブルな価格で購入できるということで注目されています。

もちろん個人差もありますし、相性もありますので、実際に使ってみなければわからない部分もあります。
日本で発毛効果がある医薬品として認められている成分は2つしかありません。
それがフィナステリドと、ミノキシジルです。
このどちらかが含まれていると、医薬品としての効果をより実感しやすいということになります。
やはり血行促進をして、細胞レベルまで効果を届けることができ、それが結果として脱毛を防いだり、育毛効果、発毛効果につながるということになります。

しかし、やはり使っていくうえでの副作用には注意をしなければなりません。
女性はプロペシアを飲んでしまいますと、妊娠中であれば胎児にかなり危険な影響がありますので要注意です。

ミノキシジルは副作用が少ないのが特徴

日本で育毛、発毛効果が認められている成分は、フィナステリドと、ミノキシジルです。
これらの成分が配合されている治療薬は、効果が高いと言われていますし、多くの方が薄毛の悩みを改善するために使っていて、実際その効果を実感しています。
しかし、そのうしろには副作用があるということもきちんと知っておかなければなりません。

特にフィナステリドにおいては、男性機能の低下であったり、その他消化器系の副作用が出てしまうことがあります。
稀ではありますが、EDになってしまったという方もいますし、使用に関してはプロペシアは医師の処方箋が必要で、相談しながら使っていくことが大事です。

しかし、ミノキシジルにおいては、副作用がプロペシアなどと比較して少ないということが言われています。
ドラッグストアなどでも購入できる育毛剤などにも含まれている成分で、比較的安心して使うことができるのです。
もちろん個人差がありますので、使用に関しては様子を見ながら使っていくことも大事です。
また、即効性があるものではないので、ある程度の期間使い続けていかないとその効果も分からないということもあります。
まずは朝晩と、つかいつづけてみる事をおすすめします。