薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛を改善するために取り組む運動とは

薄毛を改善するために取り組む運動とは

頭を見ている男性

薄毛に悩んでいる方は、原因の一つとして運動不足などの可能性があります。
運動不足の状態では、血行の悪化を招くことになり、肌や頭皮に対して栄養がしっかりと行き届かない状態になることがあります。
頭皮に関して栄養不足となってしまうと、髪の毛に対しても栄養不足となり髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちてしまうことになり、結果的に抜け毛増加や薄毛の原因につながります。

改善するためには、有酸素運動を生活に取り入れていくことが大切です。
ジョギングや水泳などをしてみるといいでしょう。
定期的に体を動かすことで汗を流し、代謝機能の向上や血行の改善をしていくことで、体の健康対策、そして薄毛対策にもなります。
ですが、運動不足の場合には、最初から過度な運動をしてしまうと体への負担が大きく関節や筋肉などにダメージとなる場合があります。
運動を長期間、継続していくためには体を少しずつ慣らしていくことも必要です。

運動不足の方は、軽めの運動から段階的に運動量を増やしていきましょう。
手始めにウォーキングを習慣化して適度に筋力を鍛え、体力をつけていくことで体を慣らしていきます。
その後、ジョギングなどに切り替えて運動量を少しずつ増やしていきましょう。
また、関節などへの負担を考慮するならば、水泳を中心とした有酸素運動をしてみるというのも一つの手段です。

水泳は全身を使い運動をすることになるため、バランスよく体を鍛えることができます。
また、水の中で体を動かすことになるため、関節への負担がかかりにくく、筋力、体力を適度に鍛えることができるでしょう。

泳ぐのが苦手という場合には、プールの中で歩くというだけでも、水の抵抗により体を適度に鍛えることができます。
基本的に有酸素運動であればかまいませんので、自分に合う運動方法を見つけてみるということも大切です。
適度な運動をすること、そして怪我の予防として定期的にストレッチを行うということも重要なポイントです。

ただ、運動をするというだけでは、筋を痛めてしまうこともあるため、そのリスクを減らすという意味でも、体の柔軟性を養うということは必要です。
薄毛の状態を改善するため、体の健康を維持するためにも。
ジョギングや水泳などの有酸素運動を生活にうまく取り入れていくことで、血行改善につながるように日々、心がけていきましょう。
無理をせず自分のペースを保ち、できるだけ長期間、継続していけるような運動量で習慣化していくことが大切です。

筋トレは薄毛に影響はある?

筋トレをすることで、ホルモンなどに影響が出ることになります。
男性ホルモンの分泌量が増えることもあり、そのため、髪の毛に関してもある程度影響が出る可能性があります。
ですが、必ずしも影響が出るとは限らず、さまざまな原因が重なり薄毛につながる可能性はでてきます。

体を鍛えるということは、体にはいい影響を与えるため、適度な筋トレをすることは健康面においては有効な手段といえます。
ですが、過度に体に負担をかけてしまうようなトレーニングは体にとってダメージとなることもあり、体の機能に影響を及ぼすこともあります。

薄毛が進行している場合には、男性ホルモンの分泌量が増加する影響を受けて、薄毛の進行が早まるという可能性はでてきます。
ですが、スポーツ選手などをみればわかるように、定期的に激しいトレーニングをしている選手でも、薄毛の方もいれば髪の毛に特に影響が出ていない方もいます。

そのため、筋トレをしたからといって必ずしも薄毛になるということではありません。
ただし、少なからず男性ホルモンが薄毛に対して影響を及ぼすことはあるため、薄毛に悩んでいる場合には、過度に男性ホルモンの分泌量が増加するような行動はしないということも大切です。
ホルモンバランスができるだけ安定するように生活状況を改善していきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧