薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

薄毛は遺伝によるもの?

人に薄毛を発症させる原因には様々なものが考えられます。
生活習慣や頭皮の衛生状態、さらには病気や精神的なコンディションによっても引き起こされるものですが、その中でもひときわ注目を集めているのが遺伝という要素です。
つまりは両親から受け継がれる遺伝子のみならず、その祖父母にもさかのぼる形で影響は代々と繋がっている可能性があるのです。

この薄毛について詳しく見ていくと、まずは遺伝子の中に含まれる染色体の理解から始める必要があります。
もともと男性の染色体はXY、女性の場合はXXという組み合わせで生まれてくることが知られています。
この男女からお子さんが生まれてくるにあたっては男の子の場合には母親のXと父親のYがそのまま受け継がれる形となり、女の子の場合にはそれぞれのXが一つずつ組み合わさります。
そして薄毛に関する情報は両親の中でも特に母親が持つXという染色体に内包されています。
この情報を併せ持つと、これが女性の場合には発症する確率は少ないのです。
男性であると男性にホルモンを多分に保有していることから、これと頭皮にある5αリダクターゼと呼ばれる特殊な酵素が反応して薄毛発症の確率が高まります。

具体的にはこの祖父母から両親、それに本人へと受け継がれたXという染色体には5αリダクターゼと男性ホルモンが反応したときに生じるDHTという物質を素早く感知して過剰な反応を引き起こす情報が含まれています。
これによってDHTを感知するとすぐさま毛細血管からの栄養分の吸収をストップさせ、極度の栄養不足に陥ることから細胞分裂が鈍化し、成長サイクルが乱れて抜け毛や薄毛が悪化してしまうのです。
この症状はAGAという名前で呼ばれることがほとんどです。

以上のような流れで先祖代々受け継がれた遺伝子によって薄毛に陥る確率は高いものです。
しかし母親は男性ホルモンの保有量も少ないため発症のリスクはあまりありません。
そのため母親の姿を見ていてもその子供が発症のリスクを実感することはありません。

その一方、祖父母の姿や母の兄弟などに薄毛の人が多ければ、そこで新たに生まれる男の子にもその遺伝子は脈々と受け継がれますので、やがて5αリダクターゼと男性ホルモンが相まってDHTを分泌する確率が高まることになります。
もしもまだ本人の頭髪に薄毛が発症していなくても、成人して男性ホルモンが十分に分泌されるようになった頃から兆しが見られるであろうことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
ただし、こう言った遺伝による薄毛の発症は決して絶対とは言い切れません。
この症状に関してはまだ解明されていない面も多く、あくまで可能性の一つとして指摘されているという枠組みに止まります。

薄毛が遺伝するか検査で確かめられる?

このように薄毛を引き起こす可能性の一つとして指摘される遺伝です。
現在までのところ専門の医療機関を受診すれば最初の診療などで遺伝子検査や血液検査を行ってその発症の確率について確かめることができます。

多くの場合には自らの血液を採取してその中の男性ホルモンの分泌が過剰に行われてはいないか、肝機能の状態は健全かどうかなどをチェックします。
さらに遺伝子検査としては口内の粘膜から採取したり、頭髪、爪などから採取することも可能です。
これらをつぶさに検査することによって組織内のアンドロゲン受容体の反応を調べ、これが通常の人に比べて多いということになると薄毛を発症する確率が高まります。
この場合、アンドロゲン受容体が多いほど5αリダクターゼと男性ホルモンが反応して分泌したDHTを感知する頻度が高まるので、この後の過剰な反応によって栄養分の吸収がストップされることにつながります。

さらにこれらの検査は医療機関を受診しなくてもネットなどで検査キットを注文することも可能です。
これを定められた通りに使用して採取したサンプルを送付すると研究機関にて検査を行ってもらえておの結果が後日通達されることになります。
この場合、医療機関よりも安価で検査結果を手にすることができるでしょう。

ただし、これらの検査は薄毛が遺伝によるものということを裏付けるためのものではなく、あくまでその可能性の有無を調べるものです。
検査結果は絶対とは言い切れないのでその分は考慮して結果と向き合う必要があります。