薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛の改善が出来ない悪い食生活

薄毛の改善が出来ない悪い食生活

多色の薬

昨今、日本では男性、女性問わず、薄毛で悩まれている方が多いです。
その割合は、男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。
薄くなる原因といえば、遺伝、毎日の不規則な生活習慣、ヘアケア方法が間違っているなど様々な問題が挙げられます。
その中でも特に薄毛に直結すると考えられているのが、毎日の食生活です。

そもそも私たちの髪の毛は、食事で摂取した栄養素によって作られています。
すなわち、髪の毛を健康に保つのも、薄毛にするのも、毎日の食生活次第といっても過言ではありません。
具体的にどのような食生活が髪の毛に悪いかと言うと、まず甘い食べ物ばかり食べるのはよくないです。
甘い食べ物には、たくさんの糖分が含まれているからです。
過剰に糖分を体内に摂取すると、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて、フケの原因となってしまいます。
頭皮の環境が悪化する事で、抜け毛が増えて薄毛の原因になるというわけです。
薄毛を改善したいなら、甘い食べ物はできるだけ控えめにする必要があります。

その他にも、揚げ物、肉類もあまり髪の毛には良くありません。
というのも、特に揚げ物には動物性脂肪がたくさん含まれているからです。
動物性脂肪を取りすぎると、皮脂が過剰に分泌されてフケが毛穴に詰まってしまいます。
また、動物性脂肪は取りすぎると、頭皮の血行が悪くなるので、髪の毛の発育を妨げることになります。

そして、最後にビール、お酒などのアルコールの摂りすぎも髪の毛に良くありません。
というのも、アルコールを摂取すると、その分解のために肝臓に負担をかけることになるからです。
そもそも髪の毛の主成分であるタンパク質は肝臓で作られますので、お酒を飲むとタンパク質を作ることが困難になります。
その結果、髪の毛の発育にも影響が出てしまうのです。

このようにアルコール、揚げ物、肉が多いメニューは外食時に多く摂ってしまいがちです。
よって、髪の毛の改善のためには、出来るだけ自炊するように心がける事が大事です。
自炊では、特に積極的に肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品などのタンパク質を摂る事が大事です。
そもそもタンパク質は、髪の毛の基本となる成分だからです。
その他にも、牡蠣やレバー、魚介類などに含まれている亜鉛も髪の毛を作る時に必要な栄養素です。
亜鉛が不足すると、上手く髪の毛が作れず、薄毛が助長されてしまいます。
亜鉛は日頃、摂取しにくいので、意識して摂る事が大事です。

食事を摂る時間帯も薄毛には大きく関わっています

食生活は、薄毛に影響を与える要因と考えられています。
実は、食事を摂る時間帯も薄毛には大きく関わっていると考えられています。
最も髪の毛に良くない食事の時間帯は、夜寝る直前です。
そもそも髪の毛の成長に関係するホルモンは、夜の10時から2時の4時間に盛んに分泌されると考えられています。
寝る直前に食べると、胃に入っている食べ物の消化を促す為に血液が胃に集中してしまいます。
すると、ホルモンが分泌される時間帯に、身体は消化のために忙しく働き続けることになります。
よって、成長ホルモンを出して育毛をする余裕がなくなり、なかなか薄毛が改善されにくくなります。

それと、夜寝る前に食べるという事は、そのまま食べた物が体内に吸収されるので肥満の原因にもなります。
肥満になると、体内の血液が末端まで通りにくくなり、頭皮に必要な栄養素が届きにくくなります。
髪の成長が阻害されるので、ますます薄毛が助長されてしまいます。

育毛のためには、なるべく夜の19時までに食事を終わらせるのが理想です。
というのも、胃の食べ物をきれいに消化するためには3、4時間かかるからです。
早めの時間帯に食事を摂取する事で、薄毛を改善することができるということです。

サイト内検索
人気記事一覧