薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛の人は睡眠の質が悪い?

薄毛の人は睡眠の質が悪い?

禿げ頭の男性

薄毛の人は睡眠の質が悪いことが多いです。
逆から言えば、睡眠の質が悪いと薄毛になりやすくなるため、薄毛の予防改善のためには、睡眠の質を高めることが必要になります。

睡眠の質が悪いと薄毛になりやすい理由は、髪は寝ている時が最も成長するからです。
寝ている時に髪が成長する理由は、ぐっすり眠っていると成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンの作用によって髪の成長が促進されるためです。
成長ホルモンの分泌が最も促進されるのは、入眠してから1時間ほど経過した時になります。
浅い睡眠だと成長ホルモンが十分に分泌されないため、薄毛を予防改善するには、浅い睡眠を深い睡眠に変えることが必要になります。

深い睡眠をするためのポイントは、副交感神経を優位にすることにあります。
人間の自律神経には交感神経と副交感神経があり、活動したり緊張をすると交感神経が優位になり、リラックスをすると副交感神経が優位になります。
よって、深い睡眠をするためには、リラックスをして副交感神経を優位にすることが必要になってきます。

リラックスをして深い睡眠をするためには、眠る前にお風呂に入って血行を良くすることが非常に有効です。
血行が良くなると副交感神経が優位になり、リラックスした状態になります。
リラックスした状態を保つには、お風呂に入っている時には考え事をせず、心と体を休ませることが大事なポイントです。
入浴が終わってから10分程度ストレッチをすると、血行が良い状態を保つことができますので、入浴後はストレッチをすることをおすすめします。
ストレッチが終わると部屋の灯りを全て消して、そのまますぐに寝るようにすると、深い睡眠ができるようになります。

眠る前にテレビを見たり、パソコンを操作すると交感神経が刺激されますので、リラックスすることができなくなります。
布団の中でスマートフォンを操作することも厳禁で、布団に入ったら何もしないようにすることが大切です。
寝付きが悪い方は、眠る前にアロマテラピーをすることがおすすめです。
アロマテラピーをすると副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。
リラックスすることによって、浅い睡眠を深い睡眠にすることが可能になります。

このようにして、睡眠の質を高めると、成長ホルモンの分泌が促され、髪の健やかな成長に繋がります。
ぐっすりと眠る習慣を続けることによって薄毛の改善に繋がり、ふさふさの髪を目指せます。

必ず寝ていたほうが良い時間帯はある?

深い睡眠をするためには、副交感神経を優位にしてリラックスをすることが必要になりますが、22時から2時にかけての時間帯が最も副交感神経が優位になり、リラックスしやすい時間帯になります。
22時から2時にかけての時間帯は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれており、22時頃に眠ることが薄毛の改善に繋がります。
22時頃に寝て翌朝の6時に起きるようにすると、8時間睡眠をすることができます。
8時間眠ると心と体の疲れが取れますので、副交感神経が優位になります。
また、早寝早起きをすることにより、体内時計が正常になり、成長ホルモンの分泌も促進されるようになります。

22時頃に眠るのが髪の成長に繋がりますが、より睡眠の質を高めるためには、食事の時間を早くすることも大事になってきます。
遅い時間に食事をすると、眠っている時に食べ物の消化が行われるため、体を休ませることができなくなってしまいます。
ぐっすりと眠って成長ホルモンの分泌を促進させるためには、眠る前の3時間は食事をしないようにすることが重要になります。
よって、夕食の時間は18時から19時頃にするのが理想で、夕食を食べ終わると21時頃に入浴をして、22時頃に眠るようにすると、薄毛の改善に繋がります。

サイト内検索
人気記事一覧