薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 薄毛になる部位はどこが多い?

薄毛になる部位はどこが多い?

薄毛は、髪の毛のボリュームが不足してしまい、頭皮が透けて見える状態のことです。
年齢や性別により発症頻度にはかなりの違いがあり、中年以降の男性に多く見られるのが特徴です。
これは、男性ホルモンの作用が関係しています。

ちなみに、男性の薄毛は生え際から頭頂部にかけての部位に集中して発症し、特にM字ハゲと呼ばれる形態が代表的です。
このM字ハゲとは、生え際のセンター部分を残して斜めの方向に剃り込みを入れたように後退していく薄毛のタイプで、おでこがアルファベットのMの様な状態になるのが名前の由来です。
M字ハゲと共に男性に多く見られるのが河童ハゲと呼ばれている薄毛で、頭頂部にお皿が載ったような状態になるタイプです。
これらは、共に男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTが原因のAGAという症状で、後頭部や側頭部の髪の毛はフサフサの状態を最後までキープしているので、薄毛部位がさらに目立つことになります。

このAGAは、DHTによりヘアサイクルが狂わされてしまうことにより、髪の毛の寿命が極端に短くなるということが根本的な原因です。
このために、長く成長する前の段階で抜けてしまうようになるので、軟毛化と呼ばれる状態となりボリュームが著しく不足してしまいます。

AGAの根本的な原因のDHTは、テストステロンを還元酵素の5α-reductaseが変換することで生産されます。
このために、発症するのはテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降で、その後は時間をかけて緩やかに進行します。
日本人男性の場合は、発症頻度は約30パーセントで、20歳代の後半から30歳代にかけての時期に明らかになるのが一般的です。
また、AGAは、20歳代では10パーセント、30歳代では20パーセント、40歳代では30パーセント、50歳代以降は40数パーセントと年齢を重ねるにつれて発症頻度が増加するのも特徴です。
これは、テストステロンの分泌量が低下するに伴い、DHTの影響力が強くなるためと考えられています。

なお、DHTは皮脂の分泌量を過剰化するという作用もあるので、毛根が塞がれてしまうようになります。
これにより、最終的には毛根の機能は失われてしまい、おでこが後退するような形で生え際から頭頂部にかけての頭髪は完全になくなる状態にまで進行します。
基本的には生理的な現象の一種に過ぎないためにこのような状態になったとしても健康への悪影響はありませんが、見た目は大きく変わってしまうので社会的には大きな影響を受けてしまうことになります。

薄毛になる部位によってそれぞれ原因が違います

AGAは、男性の薄毛の大部分を占めている症状ですが、全てがこれに該当するわけではありません。
つまり、他の原因で薄毛になるケースもあるということであり、改善するためには、それぞれを特定する必要があります。
何故なら、AGAの治療薬は既に開発されているのですが、原因物質の生産に関与している還元酵素の活性を阻害するという特殊な作用のために、AGA以外の薄毛には効果がないからです。
特に、女性の服用は禁止されています。

近年増加している女性の薄毛は特定の部位に集中するのではなく、全体的にボリュームが不足することが特徴です。
これは、女性ホルモンの分泌量の低下やダイエットによる栄養不良、ストレスなど様々な原因が関係していると考えられています。
たとえば、全体的に薄くなっている場合でも分け目が広がるようなタイプは女性ホルモンの減少が原因で、側頭部や後頭部まで薄毛になっている場合はストレスや栄養不良が関係していると推測されます。
このために、後頭部や側頭部の髪の毛の状態が原因を見極めるポイントとなります。
また、ポニーテールなど頭髪を強く引っ張って固定するような髪型を長期間行うことにより、おでこなど負担を受けた部分の髪の毛が生えなくなる牽引性脱毛症という症状も若い世代を中心に増加しています。

ちなみに、男性のAGAにはプロペシアという治療薬が開発されていますが、女性の薄毛に対しての取り組みは全体的に遅れた状況です。
しかし、徐々に専用のアイテムも開発されており、原因に合わせたアプローチが可能です。
具体的には、ホルモンバランスが原因の薄毛に対してはイソフラボンやプラセンタなどを配合した育毛サプリが有効で、栄養不良やストレスが原因の場合はパントガールなどの内服薬が効果的です。