薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 日本人における薄毛の人の割合について

日本人における薄毛の人の割合について

日本人における薄毛の人の割合については、5人に1人以上と言われています。
その内訳をみていくと、40代から50代にかけての世代が最も多いです。
ただ20代や30代の若年層の薄毛率についても、1割前後の確率であるなど決して少ないというわけではありません。

男女で比較してみた場合は、男性の場合は5人に1人以上髪についての悩みを抱えています。
ただ女性の場合も10人に1人以上の割合となっています。
男性よりは女性のほうが髪の悩みを抱えている人は少ないです。
しかし、女性の場合も抜け毛の多さなどの悩みを持っている人が決して少ないというわけではありません。
推定で女性の場合も600万人以上の人が薄毛で悩んでいる計算となります。

薄毛になる原因について書いていくと、若年層の場合においては仕事やプライベートなどで劇的な変化があった場合や過剰なストレスなどが原因で薄毛になってしまったと感じる人が多いです。
それから、生活習慣や栄養バランスの乱れなども原因となっているケースが多く見られます。

40代以上の場合は、加齢などに伴うターンオーバーの乱れなども原因となる場合が多いです。
体質や遺伝が原因となる場合もあります。
ただ体質や遺伝などについては、きちんとしたケアを日ごろから行っておくことで薄毛になりにくいとされます。

薄毛対策としては、シャンプーなどを正しく使用することや食生活の見直し・適度な運動などを継続的に行うことによって予防することができます。
薄毛になりやすい体質や家系と認識している人でも、努力次第では豊かな髪を維持することができます。

薄毛であることは、現代では必ずしもマイナスにだけ見られるとは限りません。
日本人の場合は、外国人と比較して薄い毛髪を隠したがる傾向もみられます。
最近の取り組みで髪の薄さで悩んでいる人に向けたサービスなども少しずつ導入されてきており、以前と比べると髪の薄さが必ずしもからかいの対象にだけ見られるということはなくなってきています。

自分の髪とどう向き合って対処していくかが、対策として求められていることは変わりありません。
ただ、同じような悩みを持っている人は一人ではないことも事実です。
ですので、周りの人と相談しながらケアしていくようにすると良いでしょう。
決して、はげていることによって必要以上に暗くなる必要はありません。
また、長期的にしっかりと頭皮ケアに取り組んでいけば改善することもできます。

一方で外国人の薄毛の割合はどれくらい?

一方で外国人の薄毛の割合については、実は日本人よりも大きいということが分かっています。
最も多い薄毛の人は、実はチェコです。
チェコは、実に成人男性のうち約42%にあたる人が薄毛に悩まされています。

スペインやドイツも、チェコに匹敵するくらいの薄毛率です。
外国人のほうが薄毛に悩まされている人は多いです。
日本人については、世界で14位となっています。

世界で見た場合の薄毛の平均確率が約32%となっていますので、日本の場合は欧米人と比較すると髪の薄さについては確率としては低めではあります。
しかし、アジアだけに限った場合は日本人は他のアジアの国と比較すると頭一つ以上抜けて抜け毛に悩まされていることになります。
しかも、年々髪の薄さに悩んでいる人は日本国内の場合は増加傾向であり10年で10%以上の増加率であるため大きな問題です。

外人で頭皮に毛が少ない人が増えている理由としては、体質や遺伝によるものがかなりの割合を占めています。
そして、栄養バランスがきちんと整っていなかったり、風呂に入ってシャンプーなどをする習慣があまりなかったりするのも原因の一つです。
きちんとした食生活を送るほか、ストレスをためないようにすることが改善の方法であることは外国人にもいえます。