薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • 日本はアジアで1番薄毛率が高い?

日本はアジアで1番薄毛率が高い?

日本はアジアの中でみても薄毛率がとても高い国です。
中国や香港、台湾、韓国の中では圧倒的に日本が一番薄毛の人が多いです。

まず、薄毛の定義は髪の毛を掬うと何本か抜ける、髪の毛にツヤや抵抗感がない、元気がないように感じる。
生え際が広がっている、もしくは後頭部が薄くなっている。
頭を触ったときに、髪の毛の存在感が薄れ頭の形がはっきりわかってしまうなどです。
薄毛というと、男性だけだと思いがちですが、女性も増えています。
ただ、今はウィッグという素晴らしいものがあるため、それで隠している人も多いでしょう。

遺伝によって薄毛になっている人も多いです。
なぜ、アジアの中でも日本は薄毛が多いのでしょうか。
世界ランキングで見ると、チェコ、スペイン、フランス、アメリカ、イギリスなど欧米やヨーロッパの国が比較的薄毛率が高いです。
この薄毛の率が高い理由としては白人が比較的なりやすいのです。
黄色人種の日本人、アジア系と比較すると多いのがわかります。
また、黒人では少ないので人種によっても異なります。

そして、一番影響があるとされているのは食生活です。
とくにお酒、肉などを良く摂取している国は薄毛率が高いです。
中国や香港、台湾、韓国のアジア系は比較的肉も食べますが、野菜とあとはお米を食するので比較的少ないのです。
また、アジアでも中国が少ないです。
欧米の食文化に影響されている日本と、古来からの中華を守り続ける中国との違いが分かります。
台湾、香港、韓国でも日本まではいかなくても、薄毛の人は増えている傾向です。

これはストレスとも関係があるようです。
ここ近年は長い不況で仕事が決まらない、また仕事で忙しくてストレスがたまっているなど人それぞれの悩みがあり、それが解消しづらい環境になっています。
日本は特に顕著で、他の国よりも休み無く働くというのが他国からの印象と言われていますが、それが継続している現状です。
それを打破し、よりストレスが軽減できるようにしていく必要があります。
また、薄毛に対しても可能な限り隠そうとするのが日本の傾向です。
若い頃には髪の毛をずっと染めていたり、パーマの当てすぎなどケアに注意していなかった人も原因に入ります。
たかが髪の毛、されど髪の毛。
髪型によって人の印象は変わってきます。
できるだけ、元気なうちに髪の毛のケアもしっかりしていく必要があります。
そして、食生活の見直しを考える方が髪の毛に対する思いやりです。

逆に薄毛率が低い国とその理由は?

日本は、アジアの中でも一番薄毛率が高いですが、その逆に低い国があります。
それはインドです。
インドの人も黄色人種ですが、食文化や習慣においてカレーが関係してくるようです。
日本のカレーと違い、様々な調味料を使用しているので、それが関係してくる可能性があります。
最近のインドは景気がよく、また人口も増加して現在最大の人口を誇る中国をも抜かすことは確実視されています。
ITに強く、アメリカのIT企業のCEOもインド出身の人がなっていることも多いです。
また、ボリウッドといってインドのエンターテイメントも着実に世界に人気が広がっています。
そういった、景気がいい話も多いので、ストレスなども軽減されているのでしょう。
薄毛率が関係してくるのはまず、人種、食生活、髪の毛のケア、ストレス、あとは遺伝です。
ただ、しっかりと守っていたとしても遺伝では防ぎようがありません。
白人は薄毛を気にしない傾向があります。
日本人だとおじさんくさいなどと昔は言われていましたが、徐々に変わりつつあり芸能人などでもかっこいい薄毛の方がたくさん出ています。
時代の変化で薄毛自体も悩みではなくファッションの一部になってくる可能性も大いにあります。