薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • フィナステリドを含む錠剤を女性は触れてはいけない

フィナステリドを含む錠剤を女性は触れてはいけない

人気芸能人によるテレビコマーシャルでも盛んに宣伝されているように、病院での薄毛治療は本格的に行われるようになっています。
これは、2005年に男性の薄毛の大部分を占めているAGAを対象としたプロペシアという治療薬が厚生労働省から承認されたことがきっかけです。
ちなみに、この治療薬は内服薬ということで飲む育毛剤と呼ばれており、厚生労働省が承認する際に実施した臨床試験では軽度改善以上が58%、不変以上が98%の被験者に確認されています。

なお、このようにこれまでにない効果が見込めるプロペシアですが、髪の毛に対して直接作用するわけではありません。
主成分のフィナステリドは、前立腺肥大の治療薬としてアメリカで開発されたもので、悪玉男性ホルモンのDHTの生産に関わるII型5α-reductaseという還元酵素の活性阻害剤です。
ちなみに、前立腺肥大の治療薬としてはフィナステリド5mg錠のProscarという商品名で海外では販売されていますが、日本では未承認のために取り扱いはされていません。
プロペシアは、フィナステリドの1mg錠として研究されていた途中で、AGAに対しての効果が判明したために、こちらの治療薬として認可されるようになったという経緯をたどっています。
現在では、世界60ヶ国以上で使用されており、AGAに悩んでいる人にとっては非常に頼りになる存在です。

プロペシアにより薄毛が改善されるのは、ダイレクトな発毛促進作用によるものではありません。
AGAの原因物質DHTの生産量が減少することにより、狂わされていたヘアサイクルが正常な状態に回復するからです。
これにより、髪の毛の寿命が再び元の状態に戻るので、太く長く成長するようになります。

ただし、プロペシアのこのような作用はAGA以外の薄毛に対しては全く発揮されることはありません。
これは、前述したように髪の毛や毛根に対しての直接的な効果はないからで、一般的な育毛剤とは内容に大きな違いがあります。
このために、医療機関でプロペシアを処方する際には、AGAによる薄毛であることを確かめるために遺伝子検査などを含めた診察が実施されます。

また、プロペシアは海外で実施された良質なランダム化比較試験により女性には無効であることが確認されているので、女性のAGAに対して医療機関で処方されることはありません。
さらに、妊娠中や授乳中の女性には副作用が発生する危険があるので、投与すること自体を禁忌としています。

フィナステリドが胎児に与える影響について

プロペシアの主成分フィナステリドが、妊娠中や授乳中の女性の服用を禁止されているのは、胎児の生殖器の発育に悪影響を及ぼす危険があるということが理由となっています。
これは、フィナステリドにより抑制されるDHTは、生殖器の発育をサポートするという役割を担っているので、この物質の生産量が減少するともろに影響を受けることになります。

このために、フィナステリドは妊娠中や授乳中の女性だけではなく、未成年者の服用も禁止されています。
これは、生殖器の発育が未成熟な段階で使用すると悪影響が及ぶ恐れがあるからです。
一応、海外では18歳以上を対象とした臨床試験により安全性は確認されていますが、国内では20歳以上を対象としたものしか行われていないので、処方されることはありません。

ちなみに、フィナステリドは経皮吸収するので、服用だけではなく触れることにより影響される危険があります。
このために、妊娠中や授乳中の女性や未成年者、胎児と一緒に生活している人が使用する場合は、厳重な管理が必要となります。
なお、プロペシアの場合は表面部分をコーティングしているので、胎児であっても触れただけで副作用が生じるということはありません。
しかし、砕けたり割れたりした場合は、経皮吸収される危険があります。