薄毛になるメカニズムを知り、自分に合った改善方法を実施しましょう。人によっては生活習慣の改善だけでも薄毛を改善できる場合があります。AGAの方は早急にAGA治療薬や専門のクリニックにて治療を取り組み始めましょう。

  • ホーム
  • どうしても薄毛を隠したいならカツラを使う

どうしても薄毛を隠したいならカツラを使う

薄毛をすぐに隠すことができる方法としてカツラという選択肢があります。
現在のカツラは見た目的にも自然に見えるものが多く、中にはそのままシャンプーなどをして普通に生活することができるといったタイプのものもあります。
また薄毛の状態によって様々なタイプを選ぶことも可能です。
ただし、料金にも様々なタイプがあり、安価な物から高級なものまであるので、薄毛の状態や予算などに合わせて種類を選ぶ必要があります。

カツラというと薄毛の人がそれを隠すために使うものというイメージもあるかもしれませんが、近年ではファッションとして髪型を変えたい時などに利用するという人も増えてきています。
それはそれだけカツラの性能がアップしているからだともいえるでしょう。
他人から見てカツラだとはなかなか見抜けなくなっているのが現状です。

カツラは大きく二つの種類に分けることができます。
一つは脱着が可能なタイプと頭皮に接着剤を利用してくっつけてしまったりするテープタイプのものや、髪の毛に人工の髪を編み込み対応してしてしまうタイプです。

薄毛も進行の具合など個人差がありますのでどのようなタイプのものを選択するのかは、カウンセリングなどを受けて自分にあったものを選ぶ必要があります。
カウンセリングでは自分の頭皮の状態を確認することができるだけでなく、実際にカツラを利用した時にどのような感じになるのかをシミュレーションしてもらうこともできるます。
ですからいきなりかつらを作るのではなく、増毛といった方法もとれるかもしれません。

カツラには頭の全体を覆いかぶせるオールタイプのものや、例えばつむじの周辺部分の薄毛を隠したいなどといった時に利用することができる部分タイプなど用途に合わせて作ることができます。
カツラといえばオールタイプのものを思い浮かべる人も多いかもしれません。
より自然にいろいろな薄毛を隠すことができるように、オールタイプだけでなく部分タイプや編み込み対応することができるもの、頭皮に張り付けてしまうテープタイプなどいろんな種類があるのです。

オールタイプや部分タイプ、編み込み対応のものなど脱着式のカツラは自由に取り外しができ、メンテナンスがそれほど必要ないというメリットがあります。
逆に固定式のカツラであるテープタイプの場合は頭皮に張り付けてしまうといった方法なので、より自然に見える代わりに定期的なメンテナンスが必要になるというデメリットもあるので注意が必要です。

こんな人はカツラを作ることに向いていない!

薄毛を隠すのに便利なカツラですが、やはりコスト面を考えると作るのが大変だという人がいるでしょう。
とても安く作ることもできますが、安い分だけばれやすいものになってしまいますし、ばれにくい高性能のものを作ろうと思えば高額な費用が必要になってしまいます。

またカツラはつくったらそれで終わりではありません。
固定式のものは頻繁なメンテナンスが必要になりますし、脱着式のものも定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスをすれば本体を作るよりかは安くはなりますが、毎回メンテナンス費が必要です。
ですからコスト面で大変だと思う方は、薄毛からのストレスよりも経済的なストレスを感じてしまう恐れもあるので向いてないといえるかもしれません。

激しい運動を定期的に頻繁に行なう人も向いてないといえるでしょう。
高性能のカツラといっても絶対にずれないという保証もありませんし、汗をかくことで頭皮が蒸れてしまったりする可能性もあるからです。
ずれるかもしれないと心配しながらではスポーツへの集中力も乱れてしまうかもしれません。
それにサッカーなど頭を使うことがあるスポーツだと感覚が違ってしまうことも考えられます。
それにカツラの傷みが早くなってしまうことも考えられるからです。